【WWE】ウィリアム・シャトナーが20年度殿堂入り 「スタートレック」シリーズのカーク役

2021年03月31日 17時19分

WWE殿堂入りしたウィリアム・シャトナー(ⓒ2021 WWE, Inc.All Rights Reserved.)

 米WWEは30日(日本時間31日)、ウィリアム・シャトナー(90)が2020年度の名誉殿堂「WWEホール・オブ・フェーム」入りしたと発表した。

 シャトナーは「スタートレック」シリーズのジェームズ・T・カーク役として知られており、WWEでは1995年にジェリー・ローラーの「キングス・コート」にゲスト出演すると、1週間後のジェフ・ジャレット対ブレット・ハートの試合ではセコンドしてロード・ドッグをターンバックルに叩きつけるなどしてWWEファンを魅了した。

 2007年にはWWE殿堂入りしたジェリー・ローラーのインダクターとして登場。10年には特別ゲストホストとしてのロウ大会に出演すると、WWEネットワークのリアリティーシリーズ「WWE Breaking Ground」のナレーターとしても活躍した。

 なお今年度の「WWEホール・オブ・フェーム2021」は、昨年度の殿堂入りが発表されながら式典が中止となったシャトナー、獣神サンダー・ライガー、バティスタ、nWo、ベラ・ツインズ、JBL、デイビーボーイ・スミスも加えて日本時間4月7日にWWEネットワークで配信される。

関連タグ: