【WWE】小悪魔アレクサがワイアットの復活を予告 EC戦に降臨か

2021年02月16日 15時30分

場内を埋め尽くしたアレクサの画像にオートンはぼうぜん(ⓒ2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.)

【フロリダ州セントピーターズバーグ15日(日本時間16日)発】WWEのロウ大会が配信され、黒い小悪魔ことアレクサ・ブリス(29)が、ご本尊の“ザ・フィーンド(悪魔)”ことブレイ・ワイアット(33)の復活を予告した。

 アレクサは第4試合後に場内のタイタントロン(大型ビジョン)に登場。昨年12月のPPV大会「TLC」で“毒蛇”ことランディ・オートン(40)に“焼殺”されて燃え上がる悪魔の映像が流されると「やがて彼は帰ってくるわ…」のナレーションと同時に、不気味な笑い声を上げた。同大会を最後にワイアットは姿を消している。

 アレクサは6日後のPPV大会「エリミネーション・チェンバー(EC)」EC戦に出場する6選手によるメインのガントレッドマッチにもまさかの降臨。場内のモニター画面全部を支配する“魔術”で天敵オートンのリングアウト負けを呼び込んだ。

 同試合はEC戦の最終出場権を争う重要な試合だっただけに、EC戦本番での「悪魔降臨」が実現すれば、大会は大混乱を極めそうだ。

「エリミネーション・チェンバー」は日本時間22日、WWEネットワークで配信される。

関連タグ: