【WWE】オーエンズが背後から襲撃! ロイヤルランブル目前…王者レインズを完全KO

2021年01月23日 17時20分

オーエンズ(中央左)は王者レインズを本部席に叩きつけドヤ顔(©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.)

【フロリダ州セントピーターズバーグ22日(日本時間23日)発】WWEのスマックダウン大会が行われ、ケビン・オーエンズ(36)がPPV大会「ロイヤルランブル」で挑戦するユニバーサル王者ローマン・レインズ(35)を急襲した。

 オープニングにポール・ヘイマン(55)と登場したレインズは「今夜、ケビン・オーエンズは出てこない。負傷交代なんて負け犬の考え方だ」とWWEオフィシャルのアダム・ピアースと王座戦に代理出場するオーエンズを侮辱した。するとそこにピアースが現れ、レインズと舌戦を展開。これがヘイマンにも飛び火してピアースとヘイマンの対戦が決定した。

 試合前に映像で登場したオーエンズが「俺は会場の中に入れなかった。レインズが裏から手を回したんだ」と自身の状況を伝えると、メインではヘイマンが足を負傷したと主張して代わりにレインズが登場。スーパーマンパンチやローブローをピアースに放って一方的に痛めつけたが、いきなりフードをかぶったオーエンズが背後からレインズを襲撃。レフェリーやスタッフが止めに入る中、スタナー2発からポップアップパワーボムで解説席にレインズを叩きつけてKOした。

 レインズ対オーエンズのユニバーサル王座ラストマンスタンディング戦が行われるPPV大会「ロイヤルランブル」は日本時間2月1日にWWEネットワークで配信される。

【関連記事】