【WWE】SDとの対抗戦メンバーにストローマンが加わるもチームロウに亀裂

2020年11月03日 13時51分

ストローマンはシェイマス(下)を葬ってロウ入りを決めた(2020 WWE.Inc.ALL Rights.Reserved)

【フロリダ州オーランド2日(日本時間3日)発】WWEのロウ大会が配信され、次回PPV大会「サバイバー・シリーズ」(22日)のロウ対スマックダウン(SD)のブランド対抗5対5イリミネーションマッチに向けて、内紛劇が起きた。

 現在、決定しているメンバーはAJスタイルズ(43)、シェイマス(42)、キース・リー(35)の3人。第3試合終了後に3人がリングに集うと、策士のAJが「チームロウのリーダーは俺だ」と主張するや、予想通りに他の2人から反発される。ここでまだメンバー入りが決まっていない〝巨獣〟ブラウン・ストローマン(37)が「リーダーは俺だ」と主張したから話はややこしくなった。

 AJは自らの手を汚すことなくシェイマス、リー、ストローマンによるトリプルスレッド戦で巨獣が勝てばメンバー入りすることを提案。アダム・ピアース・プロデューサー(42)も認めたため、急きょ試合が挙行された。

 巨獣と遺恨が残るリーが肉弾戦を仕掛け、試合巧者シェイマスがからむ二転三転の展開となった末、最後はランニングパワースラムでストローマンがシェイマスを沈めた。これで4人目のメンバーが決定。AJは試合後に満面の笑みでリングに上がり、結束を固めるため3人に握手を要求。一度は巨獣はリーと握手、シェイマスと抱擁を交わしたが、シェイマスが巨獣をブローグキックで場外に叩き出す大荒れの展開に。さらにはリーまでシェイマスにタックルをかますや、リーダーのはずのAJまでリーを場外に蹴り落としてしまった。

 チームロウのメンバー枠は残り1人となったが、この日の内紛劇でお互いが不信感を抱いたのは間違いない。決戦まであと20日。果たして軌道修正はできるのか。

「サバイバー・シリーズ」は11月23日、WWEネットワークで配信される。