【WWE】SD女子王者・サーシャ アスカとの大一番前に〝因縁〟ベイリーと再戦決定

2020年10月31日 15時27分

ベルトを掲げるサーシャ(©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.)

【フロリダ州オーランド30日(日本時間31日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会が配信され、PPV「サバイバー・シリーズ」でのロウ女子王者・アスカ(39)との女王対決を前に、SD女子王者のサーシャ・バンクス(28)がベイリー(31)とリマッチすることが決まった。

 10月25日配信のPPV「ヘル・イン・ア・セル」で新王者となったサーシャは、ベルトを手に「ベイリーの大事な王座を奪ってやった。そして、サバイバー・シリーズではアスカと1対1で対決して私がベストだと証明する」と誇りつつアスカ戦に意気込み。するとそこへベイリーが姿を現し「私は歴史上最長の380日間SD女子王座を保持したのよ。わかってると思うけど、私がコーナーにいなければアスカに勝てない。次週、私が王座にチャレンジするから13日間の短い王座を楽しむといいわ」と挑戦を宣言。サーシャも「おもしろいわね。でも、決して私には勝てないから全力を出すといいわ」と受け入れ次週SD大会でのタイトル戦が決まった。

 また「サバイバー・シリーズ」でのブランド対抗5対5エリミネーション戦に出場する「チームスマックダウン」のメンバーを決める予選が行われ、男子ではケビン・オーエンズ(36)、ジェイ・ウーソ(35)、女子ではビアンカ・ブレアが(31)予選を突破してメンバー入りを決めた。

 ブランド対抗5対5エリミネーション戦と、女子王者対決が行われるPPV「サバイバー・シリーズ」は日本時間11月23日にWWEネットワークで配信される。