【WWE】KUSHIDAがドリーム&チャンパを蹴散らす「次は王座戦かもな」

2020年10月23日 18時01分

チャンパを仕留めたKUSHIDA(ⓒ2020-WWE,-Inc.-All-Rights-Reserved.)

 WWE・NXTで活躍する元新日本プロレスのKUSHIDA(37)が、NXT王座取りに大きく前進した。

 配信されたNXT大会では抗争を展開する強豪ベルベティーン・ドリーム(25)、トマソ・チャンパ(35)とトリプルスレッド戦で激突。チャンパが入場するドリームを襲撃して試合が始まると、KUSHIDAもハンドスプリングニールキックをドリームに放ったが、勢いに乗るチャンパが2人をバリケードに叩きつけて主導権を握った。

 中盤ではKUSHIDAがチャンパにマサヒロ・タナカ(ナックルパート)を放って反撃するも、3人が入り乱れる展開に。何度もチャンスを逃しながらも、KUSHIDAは2人にトペ・コンヒーロを放って勢いを取り戻すと、最後はチャンパとドリームが衝突した隙を逃さなかった。

 チャンパにジャーマンスープレックスを決めて3カウントを奪取。「NXTテイクオーバー31」のドリーム戦勝利に続き、前回の試合で不完全燃焼に終わったチャンパをきっちり仕留めた。

 試合後は「大勝利だ! なぜなら『テイクオーバー』でドリーム、今日はチャンパを倒した。次は王座戦かもな」と同じ新日本出身のフィン・ベイラー(39)が保持するNXT王座を視界に入れた。

 また10月21日について質問を受けると「僕の大好きな映画を知っているか? ハッピー・バック・トゥ・ザ・フューチャー・デイだ!」と英語で答えて好調をアピールした。