【WWE】大型犬レインズがユニバーサル王座を防衛 ジェイとの従兄弟対決を制す

2020年09月28日 12時26分

凄惨な内容となったレインズとウーソ(下)の王座戦。兄のジミー(右)がタオルを入れた(©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.)

【フロリダ州オーランド27日(日本時間28日)発】WWEのPPV大会「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」メインで行われたエースの〝大型犬〟ことWWEユニバーサル王者ローマン・レインズ(35)と、ウーソズのジェイ・ウーソ(35)の〝従兄弟対決〟は、王者がレフェリーストップ勝ちで防衛を決めた。

 幼少期から名門アノアイ一家の同年代として同じ道を歩んできた者同士らしい魂の激闘となり、ジェイが得意の飛び道具で大奮闘。しかし最後はレインズが、スピアー連打で完全にジェイをダウンさせた。

「俺をチーフと呼べ」と服従を迫ったがジェイは拒否。なおも馬乗りになって殴り続ける姿を見かねたウーソズの双子の兄・ジミーがタオルを投入しようとするも、男の中の男・ジェイはこれすらも拒否する。

 だが失神状態になりながらもタップせず、戦闘意思だけは失わないジェイを見かねたジミーがついにタオルを投入。弟・ジェイを介抱しながら、ジミーは涙目で「あんたがチーフだよ。それで満足したかい?」と吐き捨てた。

 レインズは複雑な表情でベルトを高々と掲げたが、果たしてアノアイ一家としての再集結はあるのか。現在は孤独な戦いを続けるレインズだけに、従兄弟ウーソズの動向が注目となってきた。

 また、10月9日にスマックダウン、10月12日にドラフトが開催されることが正式発表された。