【WWE】ユニバーサル王者のレインズが従兄弟のジェイを背後から襲撃KO! 親族間で一体何が…

2020年09月26日 16時30分

大の字になったジェイにまくし立てるレインズ(ⓒ2020-WWE,-Inc.-All-Rights-Reserved)

【フロリダ州オーランド25日(日本時間26日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会が行われ、PPV「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」で対戦するユニバーサル王者のローマン・レインズ(35)が、従兄弟の挑戦者ジェイ・ウーソ(35)をKOした。

 エンディングでジェイと対峙したレインズは「WWEトップの重責をわかっていない。お前は双子で素晴らしいタッグチームだから家族も誇りに思っているが、俺は一族の長として頼られる存在なんだ」と違いを強調してリングを降りた。しかしこれにジェイが「お前は確かにトップだが、俺がユニバーサル王座戦でお前を倒す」と勝利宣言。すると、レインズが再び姿を現し背後からジェイをスーパーマンパンチで襲撃。レインズは大の字になったジェイに向かって「お前は決してこのタイトルは獲れないし、俺のポジションも奪えない」とそれまで抑えていた感情を爆発させるかのようにまくしたてた。

 また「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」でのトリプルスレットIC王座ラダー戦で対戦する王者ジェフ・ハーディ(43)と王座奪還を狙うAJスタイルズ(43)、自称王者のサミ・ゼイン(36)がノンタイトルのトリプルスレット戦で激突し白熱の攻防を展開した。

 最後はAJスタイルズがフェノメナール・フォアアームでKOしたジェフをゼインがちゃっかりフォールして〝ごっちゃん3カウント〟。もちろんAJスタイルズがこれに納得するはずもなくラダーで2人を攻撃するカオス展開となった。それぞれの思惑が交錯するタイトル戦で最後に笑うのは誰になるか。

 ユニバーサル王座戦とIC王座戦が行われるPPV「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」は日本時間9月28日にWWEネットワークで配信される。