【WWEスマックダウン】中邑真輔 キンシャサでメタリックとの前哨戦を制す

2020年09月26日 16時15分

グラン・メタリック㊨にけりを入れる中邑((c)2020 WWE,Inc.All Rights Reserved.)

【フロリダ州オーランド25日(日本時間26日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会が行われ、同タッグ王者の中邑真輔(40)が、次回PPV大会「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」(27日=同28日)でのタイトル戦を戦うルチャ・ハウス・パーティのグラン・メタリックと対戦した。

 メタリックのトペ・コンヒーロやスプリングボード・セントーンなど空中殺法に苦しんだ中邑だが、スピンキックやフロントネックロックで反撃開始だ。さらに相手の月面水爆をかわすと、相手の後頭部に強烈なランニング・ニー。そこへリバース・パワースラム、キンシャサと畳みかけて3カウントを奪った。

 先週、SDタッグ王座を持つ相棒・セザーロ(39)も、ルチャ・ハウス・パーティ相手との前哨戦に勝利しており、幸先の良い2連勝。試合後、中邑は相棒とともにベルトを誇らしく掲げると、バックステージインタビューで「もちろん、王者としてリングを降りる」と、余裕のコメントをして王座防衛に自信を見せた。

 対して挑戦者組は、前哨戦2連敗にリンセ・ドラドとカリストが仲間割れを起こす一幕も。流れは明らかに王者組に傾いているが、果たして…。中邑&セザーロ対ルチャ・ハウス・パーティのスマックダウンタッグ王座戦が行われるPPV「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」は、日本時間28日にWWEネットワークで配信される。