【WWE】従兄弟同士レインズとジェイにすきま風 9・28ユニバーサル王座戦は不穏な空気に

2020年09月12日 18時31分

レインズ(右)とジェイの間には微妙な空気が流れた-(C)2020-WWE,-Inc.-All-Rights-Reserved.

【フロリダ州オーランド11日(日本時間12日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会で、従兄弟同士のユニバーサル王座戦が決定しているローマン・レインズ(35、withポール・ヘイマン)とジェイ・ウーソ(35)がオープニングで対峙した。

 ヘイマンは「王座挑戦者決定戦で負傷したビッブEの代理にジェイを入れたのはレインズのアイデアだ」と告白し、そのレインズは「家族は誇りに思っているぞ。お前が自身で獲得した挑戦権だ。でもPPVではそうはいかないぞ」と従兄弟のジェイ相手でも容赦しないことを伝える。

 すると、そこへバロン・コービン(35)とシェイマス(42)が現れて「これは仕組まれている。初防衛戦の相手を選ぶためレインズが裏で操っている」と主張。これに反発したジェイがタッグ戦を提案し、この日のメインで行われることに。

 しかし試合が始まってもレインズは現れず、ジェイがコービン&シェイマスの2人を相手に奮闘。ジェイがピンチとなったところでやっとレインズが登場すると、息を吹き返したジェイがシェイマスにスーパーキックから必殺のダイビング・ボディ・プレス。だがすでにタッチしていたレインズがジェイの勝利を奪うかのようにとどめのスピアーをシェイマスに叩き込んで3カウントを奪った。レインズ&ジェイは勝利したものの、2人の間にはぎこちない空気が流れることになった。

 レインズ対ジェイのユニバーサル王座戦が行われるPPV「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」は日本時間28日にWWEネットワークで配信される。