【WWE】4WAY戦で勝利のジェイ 悪に染まった王者レインズに挑戦決定 

2020年09月05日 15時38分

マット・リドルにフロッグスプラッシュを放つジェイ・ウーソズ((c)2020WWE,Inc. All Rights Reserved)

【フロリダ州オーランド4日(日本時間5日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会でユニバーサル王座挑戦者決定4WAY戦が行われ、ジェイ・ウーソ(35)が勝利。次回PPV大会「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」(27日)で、王者のローマン・レインズ(35)に挑戦することが決定した。

 この日の大会前には悪名高きポール・ヘイマン(54)を従えたレインズが登場。「俺は宣言通りペイバックでザ・フィーンドとザ・モンスターを倒して王者となった。クラッシュ・オブ・チャンピオンズでは誰が相手でも関係ない、勝つだけだ」とふてぶてしく話した。

 その挑戦権をかけたメインには、ジェイのほかにシェイマス(42)、マット・リドル(34)、バロン・コービン(35)が出場した。4人の攻防がめまぐるしく入れ替わる一進一退の展開になったが、最後はジェイが大技の攻防をフロッグ・スプラッシュで制し、リドルから3カウント。レインズの従兄弟でもあるジェイは、ベルト奪取とともに悪に染まった王者の目を覚ますことができるか。

 また、WWE女子タッグ王者のシェイナ・ベイズラー(40)、ナイア・ジャックス(36)組は、ベイリー(31)、サーシャ・バンクス(28)とのリマッチを制し防衛に成功。試合後は怒れるベイリーがサーシャを暴行し病院送りにした。