【WWE】ミステリオの息子が遂にデビューもロリンズに惜敗

2020年08月24日 13時04分

ドミニクは鮮やかなドロップキックをロリンズ(右)に放つ(C)2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

【フロリダ州オーランド23日(日本時間24日)発】WWE真夏の祭典「サマースラム」が開催され、レイ・ミステリオの愛息ドミニク・ミステリオ(23)がついにWWE正式デビュー。親子にとって最大の遺恨の相手〝マンデーナイト・メサイア〟ことセス・ロリンズ(34)とのストリートファイト戦で大善戦するも無念に散った。

 父親と母親アンジーに見送られて控え室を出たドミニクは、青を基調としたリングコスチュームで堂々リングイン。リング下からは父親が見守った。抜群の跳躍力で救世主の機先を制するや、竹刀を出されると打点の高いドロップキックで逆に竹刀を奪う。

 しかし試合巧者のロリンズは父親を挑発しながらイス攻撃に出る。ドミニクはイスを回避するとトルネードDDT一撃。竹刀が折れるまで救世主をメッタ打ちにした。しかしコーナーに上がると逆に雪崩式脳天砕きからファルコンアローを受けて大ピンチを迎えた。

 救世主は竹刀で逆にドミニクを乱打すると、机をリングに設置。雪崩式スープレックスで落とそうとするが、何とドミニクは竹刀を軸にした河津落としでロリンズを机に叩きつけ、スワンダイブ式フロッグスプラッシュ。カウント2・9まで追い込んだ。

 ここからのしぶとさはさすがに超一流のロリンズだった。スーパーキックからパワーボムで流れを一瞬で変えるや、ドミニクの上半身を裸にして竹刀攻撃。さらには手錠までかけようとする。

 ここで異変が起きた。何とバックステージにドミニクの母親アンジーが目に涙を浮かべて登場したのだ。慌てて制止に走るミステリオ。その間にマーフィー(31)が乱入してリング内は無法地帯となる。リングサイドに戻ったミステリオは手錠でロープにくくりつけられてしまった。

 母親の登場に奮起したドミニクは619からフロッグ弾を狙うもロリンズが剣山で迎撃。手錠で自由を奪われたミステリオは何もできない。その目前でロリンズは必殺のストンプ(踏みつけ攻撃)一撃。意気揚々とリングを去った。ミステリオは泣きじゃくるドミニクを抱きしめ「よくやった…」と健闘をたたえた。

 一度は引退も覚悟したミステリオだが、この日はリング上で愛息のデビューと無残な姿を見ることになってしまっただけに、このままでは引き下がれないだろう。救世主一派と、母親まで巻き込んだミステリオ一家の抗争は、新たな章へ突入した。