【WWE】戸澤陽24/7王座返り咲きならず…新王者は試合後〝急襲〟のシェルトン・ベンジャミン

2020年08月18日 15時58分

忍者軍団(左下)を従えセドリック・アレキサンダー(右)と対峙する戸沢陽-(©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.)

【フロリダ州オーランド17日(日本時間18日)発】WWEのロウ大会が行われ、戸澤陽(35、with忍者軍団)が王者セドリック・アレキサンダー(31)と24/7王座戦で激突した。

 王座返り咲きを狙う戸澤は「忍者パワー」と唱えて配下の忍者軍団の攻撃参加を狙ったが、アレキサンダーに見破られてしまう。さらに戸澤がスピンキックから必殺のダイビング・セントーンを狙うも、またしてもこれを回避され、最後はアレキサンダーがランバー・チェックで戸澤を沈めて3カウント。戸澤は24/7王座奪取ならず、アレキサンダーが王座防衛に成功した。

 しかし、試合直後には突如シェルトン・ベンジャミン(45)が勝利を喜ぶアレキサンダーを襲撃すると、ペイダートを放って24/7王者に返り咲きを果たした。目まぐるしく入れ替わる24/7王座戦線に、さらなる嵐が巻き起こりそうだ。