【WWE】戸澤がまたまたRトゥルースに24/7王座を奪われる

2020年08月11日 12時45分

戸澤陽(下)は忍者に扮したRトゥルースに王座を奪われた(©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.)

【フロリダ州オーランド10日(日本時間11日)発】WWEのロウ大会が行われ、24/7王者の戸澤陽(35)がわずか1週間でRトゥルース(48)に王座を奪われた。

 第5試合では戸澤と忍者軍団1~3号が、バイキングレイダーズ(エリック、アイバー)、リコシェ(31)、セドリック・アレキサンダー(30)組と8人タッグ戦で激突。しかしわずか20秒で合体技バイキングエクスペリエンス(バックドロップとギロチン弾の複合技)で、忍者1号がアッサリ沈められた。

 しかし戸澤はまるで勝者のように、堂々とベルトを手にステージへ引き上げる。その瞬間だ。背後についていた配下のはずの忍者3号が、何と戸澤をクルリ丸め込んで3カウントを奪取。鉄壁の結束を誇ったはずの忍者軍団に何が起きたのか…。

 次の瞬間、すべてが判明する。戸澤を丸めた忍者が覆面を脱ぐと、その正体は何と怨敵Rトゥルースだった。忍者軍団の一員に化けて奪還のチャンスを狙っていたのだ。意気揚々とジャンプしながら引き揚げる新王者とは対照的に、戸澤はガックリと肩を落としていた。この抗争、半永久的に続きそうだ…。