【WWE・NXT大会】キース・リー 史上初の北米王座&NXT王座の2冠を達成

2020年07月10日 15時43分

2冠を達成したキース・リー (C)2020-WWE,-Inc.-All-Rights-Reserved

 配信されたWWE・NXT大会で、NXT北米王者キース・リー(35)が「NXT:ザ・グレート・アメリカン・バッシュ」でNXT王者アダム・コール(31)との勝者総取りダブル王座戦を制して史上初の2冠を達成した。

 試合序盤、体格に勝るリーが場外で放ったショルダータックルがバリケードに誤爆してピンチとなると、コールはリーを鉄製ステップに叩き付けた上でネックブリーカーを決めて攻め込んだ。

 しかし、リーも豪快なスーパープレックスやスピリットボムを決めて流れを変えると、その巨体から繰り出すムーンサルトプレスを放ったが、コールもスーパーキック連打から必殺のラスト・ショットをリーに決めて、手に汗握る大技のシーソー戦を展開。

 終盤ではコールがパナマ・サンライズやスーパーキック3連打でリーを追い詰めるも決定打とはならず、最後はリーが再びパナマ・サンライズを狙ったコールを捕まえると、そのままスピリットボムから必殺のビッグバン・カタストロフィーを叩き込んで3カウント。

 ダブル王座戦を制したリーは史上初となる北米王座&NXT王座の2冠を達成し、祝福の紙吹雪が舞い飛ぶリングで2本の王座ベルトを誇らしく掲げた。