【WWE】中邑&セザーロ 8人タッグで「ニュー・デイ」に敗れ遺恨深める

2020年06月27日 16時01分

8人タッグ戦で中邑真輔(左から3人目)はコフィ・キングストン(同4人目)と殴り合う(C)2020 WWE,Inc.All Rights Reserved.

【フロリダ州オーランド26日(日本時間27日)発】WWEのスマックダウン大会が開催され、中邑真輔(40)&セザーロ(39)がミズ(39)&ジョン・モリソン(40)とタッグを組んで「ニュー・デイ」(コフィ・キングストン=38、ビッグE=34)&「ルチャ・ハウス・パーティ」(グラン・メタリック、リンセ・ドラド)と8人タッグ戦で激突した。

 中邑は因縁のキングストンを捕まえて場外バリケードに叩きつけると、セザーロと連携したハイキックを放って攻め込んだ。さらにビッグEにスライディングキックを決めると、キングストンにはフェイスバスターから必殺のキンシャサを狙ったが、逆にキングストンにダブルストンプで迎撃されて互角の攻防を展開。

 しかし、中邑&セザーロとニュー・デイが場外乱闘となると、その隙にグラン・メタリックがミズにダイビングエルボーを叩き込んで3カウント。中邑&セザーロは8人タッグ戦の勝利を逃してSDタッグ王者ニュー・デイとの遺恨をさらに深めた。