【WWE】“レジェンド”クリスチャンがエッジに託した決着戦必勝「君の勝利を信じるよ」

2020年06月09日 13時36分

エッジはクリスチャン(右)にオートン戦必勝を誓った(C)2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

【フロリダ州オーランド8日(日本時間9日)発】WWEのロウ大会が行われ、次回PPV大会「バックラッシュ」(14日)で“毒蛇”ランディ・オートン(40)との遺恨完全決着戦に臨む“R指定の男”エッジ(46)が、かつての盟友でレジェンドのクリスチャン(46)に必勝を託された。

 エッジはクリスチャンのコーナーにゲストで登場。9年前に引退した際は、最後の祭典となった2011年4月「レッスルマニア27」で世界ヘビー級王座防衛をアシストしてくれた盟友だ。クリスチャンは「君が9年間試合をしていなかった不安はある。オートンとの試合は『過去最高のレスリングの試合』と銘打たれているが、君は全盛期にそれができたかという疑問も残る。だが俺は君の親友だ。君の勝利を信じるよ」と泣かせる言葉を吐いた。

 ここで場内ビジョンにオートンが登場。「お前を再起不能にする。それで俺の任務は完遂されるだろう」と不敵に笑った。鬼のように目をカッと見開いたエッジは「やれるものならやってみろ!」と応答。奇跡の復活劇から始まった毒蛇との遺恨終結を改めて誓った。

 また「バックラッシュ」でボビー・ラシュリー(43)の挑戦を受けるWWE王者のドリュー・マッキンタイア(35)は、挑戦者のマネジャー役MVP(46)に挑発を受けると、グラスゴー・キス(顔面への頭突き)で制裁。ラシュリーとMVPがバイキングレイダーズ(エリック、アイバー)を退けると、挑戦者にクレイモア(ランニング式シングルドロップキック)を見舞って防衛へ弾みをつけた。

「バックラッシュ」は日本時間15日、WWEネットワークで配信される。