【WWE】戸澤がトーナメント初戦突破「クルーザー級王者に返り咲く!」

2020年04月17日 15時54分

戸澤はスコット(下)に豪快なダイビングセントーンを決めて3カウントを奪った(C)2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 配信されたWWE・NXT大会で、元WWEクルーザー級王者の“スタミナモンスター”戸澤陽(34)が存在感を示した。

 暫定NXTクルーザー級王座トーナメント初戦でアイザイア・スコットと激突。戸澤はチョップの応酬からだまし討ちジャブやビックブーツを放って攻め込んだ。スコットもエプロンの戸澤にハリケーンラナを決めて反撃。戸澤はロープの反動を利用してのオクトパスホールドからドラゴンスリーパーに移行して締め上げた。

 スコットは素早い攻防からジャーマンスープレックス。さらに必殺キックのハウスコールを頭部に叩き込んだが、戸澤はカウント2でしのいだ。ここで一気に逆転を狙い、スコットをそり投げでターンバックルに叩きつけた。最後は鮮やかなスピンキックから、コーナー最上段からのダイビングセントーンを炸裂させて3カウントを奪った。

 まずはトーナメント初戦を勝ち上がり「とりあえず1勝できた。俺の体が潰れるまで戦い続ける。そして勝ち続ける。3年前、クルーザー級のトーナメントで俺は負けた。その悔しさをずっと忘れてない。だから今年は絶対、クルーザー級のチャンピオンに返り咲いてみせる」と王座奪還に闘志を燃やした。

 新型コロナウイルス禍による収益悪化でWWEは大量解雇に踏み切った。プロレス界に衝撃を与えたが、シビアな世界最大団体で活躍できなければ解雇されるのはいつの時代も同じ。WWE参戦からすでに3年、しぶとく生き残ってきた戸澤はここから真価を発揮できるか。