【WWE】祭典の全カード発表 アスカ&カイリは女帝を撃退できるか

2020年04月02日 16時43分

左からアスカ、カイリ、アレクサ、ニッキー(C)2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 世界最大のプロレス団体・WWE史上初の2日間配信となった祭典「レッスルマニア36」(4、5日=日本時間5、6日)がいよいよ目前に迫った。

 日本のファンにとって最大の注目カードはWWE女子タッグ王者の“女帝”ことアスカ(38=華名)と“海賊姫”カイリ・セイン(31=宝城カイリ)のカブキ・ウォリアーズが、前王者の“謀略女王”アレクサ・ブリス(28)と“怪女”ニッキー・クロス(30)組を迎撃する一戦だ。

「私たちを怖がって逃げている!」と、何の理由もなく唐突に挑発してきたアレクサをアスカが襲撃して両チームの抗争が再燃。アスカがアレクサとのシングル戦に敗れたため、祭典での王座戦が決まった。復権に燃える女帝が前王者組を撃退できるのか。激闘必至の一戦となりそうだ。

 また例年通りメインに予定されるWWE王座戦では、王者の“ビースト”ことブロック・レスナー(42)が、1月の「ロイヤルランブル(RR)」男子RR戦を制覇した大器ドリュー・マッキンタイア(34)の挑戦を受ける。RR戦でビーストの独走を止めて歓喜の初優勝を決めてレスナーを指名した大器マッキンタイアは、祭典の大舞台で栄冠を射止めることができるか。

 またNFLスーパーボウルでニューイングランド・ペイトリオッツを3度優勝に導いた名選手、ロブ・グロンコウスキー(30=TE)がホスト役に就任。すでに嫌われ者の王様キング・コービン(35)と遺恨が生じており、まさかのリングデビューもありえる状況だ。

「レッスルマニア36」は日本時間5日と6日午前8時から、2日間にわたってWWEネットワークで配信される。さらにJ SPORTSオンデマンドでは日本語実況版を8日と9日、日本語字幕版を12日から配信することが決定している。


★「レッスルマニア36」の対戦カードは以下の通り。

▽WWE王座戦=王者ブロック・レスナー対挑戦者ドリュー・マッキンタイア

▽WWEユニバーサル王座戦=王者ゴールドバーグ対挑戦者ローマン・レインズ

▽ボーンヤード・デスマッチ(墓場埋葬マッチ)=ジ・アンダーテイカー対AJスタイルズ

▽ジョン・シナ対“ザ・フィーンド(悪魔)”ブレイ・ワイアット

▽ラストマン・スタンディングマッチ エッジ対ランディ・オートン

▽ロウ女子王座戦=王者ベッキー・リンチ対挑戦者シェイナ・ベイズラー

▽WWE女子タッグ王座戦=王者カブキ・ウォリアーズ(アスカ、カイリ・セイン)対挑戦者アレクサ・ブリス、ニッキー・クロス組

▽スマックダウン女子王座戦・フェイタル5WAYイリミネーションマッチ=王者ベイリー対サーシャ・バンクス対レイシー・エバンス対タミーナ対ナオミ

▽NXT女子王座戦=王者リア・リプリー対挑戦者シャーロット・フレアー

▽ケビン・オーエンズ対セス・ロリンズ

▽インターコンチネンタル王座戦=王者サミ・ゼイン対挑戦者ダニエル・ブライアン

▽スマックダウンタッグ王座トリプルスレッドラダーマッチ=王者組ザ・ミズ、ジョン・モリソン対ウーソズ(ジミー&ジェイ)対ニュー・デイ(コフィ・キングストン、ビッグE)

▽ロウタッグ王座戦=王者組ストリート・プロフェッツ(モンテス・フォード、アンジェロ・ドーキンス)対挑戦者オースティン・セオリー、エンジェル・ガルザ組

▽アライアス対キング・コービン

▽アリスター・ブラック対ボビー・ラシュリー

▽オーティス対ドルフ・ジグラー

※対戦カードは日本時間2日時点。変更される場合あり。各日のカードは未発表。