【WWE】7月に大阪、横浜で日本公演3連戦!中邑、アスカ&カイリら凱旋帰国

2020年01月28日 16時19分

WWEは7月に日本公演3連戦を開催する(C)2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 WWEジャパンは28日、日本公演「WWE LIVE JAPAN」の開催を発表した。7月2日エディオンアリーナ大阪第1競技場、同3~4日横浜アリーナと豪華な3連戦となる。

 参加メンバーはインターコンチネンタル王者の中邑真輔(39)を筆頭に、WWE女子タッグ王者のアスカ(38=華名)、カイリ・セイン(31=宝城カイリ)組らが凱旋帰国を果たす予定だ。

 そのほかロウ女子王者の“ザ・マン”ことベッキー・リンチ(32)、先日の「ロイヤルランブル(RR)」で女子RR戦を制した女王様シャーロット・フレアー(32)、男子RR戦で感涙の初優勝を決めたドリュー・マッキンタイア(34)、ロウタッグ王者のセス・ロリンズ(33)、日本でもおなじみのThe OC(AJスタイルズ、ルーク・ギャローズ、カール・アンダーソン)、間男ボビー・ラシュリー(43)、アンドラデ(30)らの豪華なメンバーが予定されている。

 昨年6月の両国国技館2連戦を上回るスケールだけに、2020年の日本公演は米国PPVクラスの一大イベントとなりそうだ。