【WWE】中邑真輔 因縁のストローマンとタッグ戦で激突

2020年01月25日 16時24分

【テキサス州ダラス24日(日本時間25日)発】WWEのスマックダウン大会が当地のアメリカン・エアライン・センターで開催され、IC王者・中邑真輔(39)が因縁のブラウン・ストローマン(36)とタッグ戦で激突。またも勝利を収めることができなかった。

 次期PPV「ロイヤルランブル」(26日、テキサス州ヒューストン)を目前に控えたこの日、中邑はセザーロ(39)と組んでストローマン、アライアス組と対戦。場外でアライアスにハイキックを叩き込むと、セザーロと結託しストローマンをポストに叩きつける。

 さらにはセコンドのサミ・ゼインがレフェリーの目を引きつけるスキにパイプイス攻撃を試みたが、中邑がアライアスに捕まりポスト攻撃を受けてしまう。これで孤立したセザーロが、ストローマンのランニングパワースラムからアライアスのダイビングエルボーに沈んだ。

「ロイヤルランブル」の時間差30人バトルロイヤルには中邑、ストローマン、アライアスが出場を予定している。大舞台を前に、両者の遺恨はますます深まった。

「ロイヤルランブル」は、日本時間27日にWWEネットワーク(日本語実況あり)でライブ配信される。