【WWE】イオ悔し バトルロイヤル惜敗で王座挑戦権逃す

2020年01月17日 19時25分

ビアンカ・ブレア(左)に619を決める紫雷イオ(C)2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

“暗黒の逸女”こと紫雷イオ(29)が王座取りのチャンスを逃した。配信されたWWE・NXT大会で、「NXT女子王座挑戦者決定バトルロイヤル」に出場。18選手が入り乱れる大混戦の中、イオはドロップキックでケイシー・カタンツァーロを脱落させる。すると前王者シェイナ・ベイズラー(39)もMJジェンキンス、カタリーナ、サンタナ・ギャレットを次々と脱落させて大暴れした。

 イオ、シェイナ、ビアンカ・ブレア(30)の3人が残るや、シェイナが必殺のキリフダクラッチ(裸絞め)でイオを追い込む。ところが場外に隠れていたショッツィ・ブラックハートが背後からシェイナを投げ飛ばして脱落。さらにすかさずビアンカがショッツィを背後から捕まえて場外に落とし、イオとビアンカの一騎打ちとなった。

 会場の「イオチャント」を背に、相手のパワーに対して619(ロープ上のブーメランキック)やジャーマンからのダブルニーで攻め込んだ。だが最後はビアンカがイオを担ぎ上げ、そのまま場外に投げ飛ばしてバトルロイヤルを制した。王座挑戦権を獲得したビアンカは、2月16日(日本時間同17日)の「NXTテイクオーバー・ポートランド」で王者リア・リプリー(23)への挑戦が決定した。

 NXT女子王座戦がおこなわれる「NXTテイクオーバー・ポートランド」は日本時間2月17日、WWEネットワークでライブ配信される。