【WWE】イオ レイのアシスト受け激闘ラダーマッチ制す

2019年11月15日 17時34分

不敵な笑みを浮かべ、ラダーに挟まれたミア・イム(下)をいたぶるイオ(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 WWE・NXTが配信され、“暗黒の逸女”こと紫雷イオ(29)が激闘のラダーマッチを制した。

 23日(日本時間24日)の「NXTテイクオーバー・ウォーゲームス」で行われる女子史上初のウォーゲームス戦(金網デスマッチ)に、NXT女子王者シェイナ・ベイズラー(39)率いる「チーム・ベイズラー」の一員として出場するイオは、リア・リプリー率いる「チーム・リプリー」のミア・イムとラダー戦で激突。ドロップキックからのトペ・スイシーダで先制するも、ミアもイオをラダーに叩きつけて反撃してきた。

 白熱の攻防が展開される中、終盤にイオはスワンダイブ式ミサイルキックや串刺しダブルニーで追い込むと、そこへダコタ・カイが救援に駆けつけた。それでもイオは場外ムーンサルトで2人を蹴散らしてラダーを登ったが、ダコタのファルコンアローを食らいチャンスを逃してしまう。

 すると今度は突然NXT・UK女子王者ケイ・リー・レイが姿を現してミアが登るラダーを押し倒し、ミアはそのまま場外ラダーに激しく衝突。これでダメージを負ったミアは起き上がることができず、イオが天井のブリーフケースを奪取して激闘を制した。試合後はキャプテンのシェイナがイオを称賛。ウォーゲームス戦に向けて「チーム・ベイズラー」が勢いを加速させた。

 女子ウォーゲームス戦が行なわれる「NXTテイクオーバー・ウォーゲームス」は日本時間24日、WWEネットワークでライブ配信される。