【WWE】レスナーがロウ急襲!SSでミステリオと遺恨決着の王座戦

2019年11月05日 19時23分

ブロック・レスナーを急襲するレイ・ミステリオ(右)(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

【ニューヨーク州ユニオンデール4日(日本時間5日)発】WWEのロウ大会を、“ビースト”ことWWE王者のブロック・レスナー(42)が急襲。次回PPV大会「サバイバー・シリーズ(SS)」(24日、イリノイ州シカゴ)でレイ・ミステリオとの遺恨決着戦が行われることが決定した。

 王者は代理人ポール・ヘイマンと登場。10月30日サウジアラビアの「クラウン・ジュエル」でケイン・ヴェラスケス(37)をわずか129秒で葬った後、ヴェラスケスの盟友ミステリオはイス攻撃を仕掛けており、遺恨は極限に達していた。

 ヘイマンは「レイ・ミステリオに報復するためにロウに来たぞ! レスナーはスペシャルな存在だから望んだことを可能にできる権利がある。ミステリオはどこだ? 彼のキャリアは終わることになる」と宣戦布告した。

 さらにはレスナーとヘイマンは解説席をジャック。解説者で“南部の帝王”ことジェリー・ローラーに「キングなら居場所を知っているだろ!」と詰め寄った。完全にブレーキが壊れたビーストは、制止に入った元NFL選手の実況担当ディオ・マディン(28)にF5を決めてしまう。

 するとミステリオが猛ダッシュで登場。鉄パイプでレスナーを襲撃すると、WWE王座のベルトで顔面に一撃を食らわせた。9月30日大会で愛息のドミニクを病院送りにされたことに憤慨し続けていたミステリオは「俺の大事な息子を襲いやがって。だったら俺はお前が大切にしているWWE王座を奪ってやる!」と挑戦を表明。「SS」での王座戦を要求した。

 この言葉にレスナーは待ってましたというような不気味な薄笑いを浮かべて挑戦を快諾した。

 レスナー対ミステリオのWWE王座戦が行なわれる「サバイバー・シリーズ」は日本時間25日にWWEネットワーク(日本語実況版あり)でライブ配信される。