【WWE】レスナーがミステリオ追ってロウ殴り込み? ヘイマンが明言

2019年11月02日 17時17分

ポール・ヘイマン(右)はブロック・レスナーまさかのSD離脱を示唆した(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

【ニューヨーク州バッファロー1日(日本時間2日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会が開催され、PPV大会「クラウン・ジュエル(CJ)」(10月31日、サウジアラビア)で圧巻の強さを見せつけた“ビースト”ことWWE王者のブロック・レスナー(42)と、代理人ポール・ヘイマン(54)がオープニングに登場した。

 サウジ決戦では元UFC世界ヘビー級王者ケイン・ヴェラスケス(37)をわずか2分9秒、キムラロックで撃破。約9年ぶりのリベンジに成功して王座を防衛するも、ヴェラスケスの盟友レイ・ミステリオから試合後にイスによる襲撃に遭った。

 ヘイマンは「レスナーは怒っている。ヴェラスケスを倒したのに問題が起きた。ビンス・マクマホンにミステリオをSDに連れてくるよう要請したが、ロウ所属だから無理だと言われたのだ」と激高した。

 さらには「レスナーはSDを辞めてミステリオへの報復のためロウへ行く」と明言すると、マイクを投げ捨ててリングを後にした。果たして「CJ」で最強を証明したビーストはどんな実力行使に出るのか。サウジ決戦を機に新たな嵐が吹き始めた。