【WWE】戸澤陽 元パートナー対決に無念の敗北

2019年10月12日 17時50分

ケンドリック(左)を竹刀で攻撃する戸澤 (C)2019 WWE,Inc.All Rights Reserved.

 WWEのクルーザー級番組「205 LIVE」が11日(日本時間12日)に放送され、元ドラゴンゲートの戸澤陽(34)が元パートナー対決で敗れた。

 ブライアン・ケンドリック(40)との「ノーDQマッチ」(反則裁定なし)で、持参した竹刀で先制した。だが追撃のトペ・スイシーダはパイプイスを投げつけられて反撃され、ここからガムテープでロープに固定され、逆に竹刀攻撃の餌食となる。

 それでもスープレックスでパイプイスに叩きつけるや、エプロンからのダイビングセントーンでテーブル葬に。続けてトドメのダイビングセントーンを狙ったが、ここで突如、マイク・ケネリス(34)が乱入して戸澤を襲撃。ケンドリックをダウンした戸澤の上に乗せて3カウントが入り、無念の敗北を喫した。