【WWE】ヴェラスケスがレスナー挑発 10・31サウジ決戦で激突

2019年10月12日 16時14分

ヴェラスケス(左)とミステリオ (C)2019 WWE,Inc.All Rights Reserved.

【ネバダ州ラスベガス11日(日本時間12日)発】WWEが会見し、次回PPV大会「クラウン・ジュエル」(31日、サウジアラビア)の追加カードを発表。元UFCヘビー級王者のケイン・ヴェラスケス(37)が、WWE王者の“ビースト”ことブロック・レスナー(42)に挑戦することが決まった。

 2010年10月にレスナーからUFCヘビー級王座を奪取し、今年8月にメキシコマットでプロレスデビューを果たしたヴェラスケス。レスナーがWWE王座を獲得した先週のスマックダウン(SD)大会でレイ・ミステリオ(44)に連れられて登場するや、襲いかかってきたレスナーにパンチを連打し「俺と戦え」と対戦を要求した。

 この日、レスナーと登場した代理人のポール・ヘイマン(54)は「ヴェラスケスは、UFCでレスナーからベルトを奪った男だ。だが今回はレスナーが過去の悪夢を制すことになる」と宣言。するとヴェラスケスとステージに現れたミステリオが、レスナーが顔に深い傷を負ったUFCでの2人の試合写真をビジョンに映した。ヴェラスケスは「今回は反対側に傷をつけてやる」と予告した。

 またサウジ決戦では、ボクシングの元3団体ヘビー級王者タイソン・フューリー(31=英国)が、〝巨獣〟ブラウン・ストローマン(36)と対戦することが決まった。

 2人の因縁は4日のスマックダウン(SD)大会で勃発。試合中のストローマンが、リングサイドで観戦中だったフューリーを挑発。7日のロウ大会には謝罪を求めて再びフューリーがWWEのリングに登場し、大乱闘に発展した。フューリーは現役ボクサーで、来年2月にはWBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)との再戦が浮上している状況。WWEでの試合は注目を集めそうだ。