【WWE】KUSHIDAがNXT初黒星 ウォルターにシングル戦で敗れる

2019年10月11日 17時27分

KUSHIDAはUK王者ウォルター(上)との一騎打ちに敗れた(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 米WWE・NXTが11日に配信され、KUSHIDA(36)が因縁のWWE・UK王者ウォルター(32)とのシングルマッチに敗れ、NXT初黒星を喫した。

 ウォルター率いるインペリアムとの抗争を展開する元IWGPジュニア王者はこの日、ついにウォルターとNXT無敗同士の直接対決。序盤はドロップキック3発をウォルターの巨体に放ったが、ビッグブーツ一撃でダウン。さらにウォルターの追撃を食らった。

 しかし、リバーサルDDTで反撃し、ポストに誤爆したウォルターに再び強烈なDDTだ。白熱の攻防を展開するとKUSHIDAは、コーナー上段から雪崩式ホバーボードロックで勝負をかけた。左腕をがっちり決めたが、必死のウォルターは何とかロープブレークで脱出。これで勝機を逸し、ウォルターのドロップキック、パワーボムから最後は強烈なラリアートを浴びて3カウントを奪われた。

 それでも、会場を熱狂の渦に巻き込んだ好勝負を展開。KUSHIDAは試合後に「負けたけど、まだ生きてるぞ! 時計はまだ動いてる…」と自身のツイッターに投稿し、巻き返しを誓った。