【WWE】レスナーがUFCの宿敵ヴェラスケスの襲撃に遭う 遺恨再燃か

2019年10月05日 16時38分

コフィ・キングストン(下)を撃破しWWEヘビー級王座を手にしたブロック・レスナー(中)だったが…(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

【カリフォルニア州ロサンゼルス4日(日本時間5日)】WWEのスマックダウン大会が当地のステイプル・センターで開催され、ブロック・レスナー(42)がコフィ・キングストン(38)を破り、WWEヘビー級王座を獲得した。

 開始のゴングと同時に襲い掛かってきたキングストンを捕獲すると、必殺のF5でKOしてベルトを手にした。だが直後のリング上には、レイ・ミステリオとともに元UFCヘビー級王者ケイン・ヴェラスケス(37)が電撃登場。2010年10月にレスナーを撃破してUFCヘビー級王座を獲得したヴェラスケスは、今年8月にメキシコAAAでプロレスデビューを果たしていた。

 ヴェラスケスの襲撃を受け、パウンドを浴びたレスナーはたまらず場外に回避。再び遺恨が勃発したMMA時代のライバルを鋭くにらみつけながら退場した。