【WWE】イオ 18日大会の次期挑戦者決定トリプルスレッド戦に出場

2019年09月05日 19時55分

イオは駐車場で元盟友レラエ(下)をKOした(C)2019WWE,Inc.All Rights Reserved.

 WWE・NXTが4日(日本時間5日)放送され“暗黒の逸女”紫雷イオ(29)が再来週放送大会(18日)で、NXT女子王座次期挑戦者決定トリプルスレッド戦に出場することが決まった。

 ウィリアム・リーガルGM(51)が発表したもので、イオはビアンカ・ブレア(30)、ミア・イム(30)と次期挑戦権をかけて対戦。勝者が王者シェイナ・ベイズラー(39)への挑戦権を得る。

 またシェイナは来週放送大会で初代NXT・UK女子王者リア・リプリー(22)とノンタイトル戦を行うことも発表された

 イオはここまで3度もシェイナに挑戦。特に最後の挑戦となった6月27日の金網マッチは壮絶な内容となり、イオはほぼ勝利を手中にしながら最後は王者に場外エスケープを許してしまい、痛恨の敗北を喫した。

 この一戦を機に盟友キャンディス・レラエ(33)と決別。翌週から“暗黒の逸女”として悪のファイトに徹し、レラエと泥沼の抗争に突入していた。

 4度目の王座挑戦をかけた大事な発表があったこの日も、イオは駐車場でレラエを襲撃。竹刀でメッタ打ちにすると「バーカ!」と悪態をついて闇の奥へ消えた。悲願の王座奪取のためには、元盟友との抗争をひとまず休止するしかないようにも思えるが…。