【WWE】ロウ女子王者ベッキー・リンチ 次回PPVでサーシャ・バンクスと王座戦決定

2019年09月03日 16時32分

サーシャ・バンクス(左)、ベイリーから攻撃されたベッキー・リンチ(手前)(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

【メリーランド州ボルティモア2日(日本時間3日)発】WWEのロウ大会が開催され、15日(同16日)のPPV大会「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」で“ザ・マン”こと王者ベッキー・リンチ(32)とサーシャ・バンクス(27)のロウ女子王座戦が決定した。

 リングに登場したベッキーが「サーシャはどこ? 私がWWEの顔になってショックなんだろ。1対1で私と勝負してみろよ」と挑発するや、サーシャがステージに姿を現した。

 先週大会で約4か月ぶりに復帰したばかりのサーシャは「お金にならないのに試合なんかしないわよ。次に会うのはクラッシュ・オブ・チャンピオンズのロウ女子王座戦よ」とベルト挑戦を表明し、ベッキーもこれを承諾した。

 この日のメインでベッキーはスマックダウン女子王者ベイリー(30)と豪華コンビを結成し、WWE女子タッグ王者のアレクサ・ブリス&ニッキー・クロスと激突。サーシャが登場して試合を見守る中、ベッキーがエクスプロイダーでニッキーに攻め込むや、ここでサーシャが背後から乱入。ベッキーにバックスタバーを決め、パイプイスで追撃する。一度は止めに入ったベイリーだったが、考え直すと最後は奪ったイスでベッキーをめった打ちに。女子王座戦線に活気が出てきた。