【WWE】シェーン・マクマホン サマースラムの“前哨戦”でオーエンズ圧倒

2019年08月07日 16時25分

シェーンはオーエンズ(右)を解説席の下敷きにした(C)2019 WWE,Inc.All Rights Reserved.

【ミシガン州デトロイト6日(日本時間7日)発】WWEのスマックダウン大会が開催され、11日(同12日)に行われる真夏の祭典「サマースラム」(カナダ・トロント)で、ケビン・オーエンズ(35)と対戦するシェーン・マクマホン(49)が“前哨戦”で圧倒した。

 オーエンズは「KOショー」のゲストにシェーンを呼び出すと「進退をかけて試合をするべきだ」と要求。会場からは「イエス」チャントが起こった。

 しかし、シェーンは「この条件はお前が決めたこと。お前は俺に負けて去ることになる」と一蹴。さらに「度胸がない」と侮辱してきたオーエンズに対して「ここでサマースラムの前哨戦をしてやる」と言い放つや、2人は大乱闘を展開した。

 アライアス(31)を加勢させたシェーンが数的有利な状況をつくる。さらにオーエンズを解説席の下敷きにして、身動きが取れない状態にした。最後はパイプイスを使ったドロップキックでトドメを刺し「お前は終わりだ」と罵倒した。

 シェーン対オーエンズの遺恨決着戦が行われるPPV大会「サマースラム」は、日本時間12日にWWEネットワーク(日本語版実況あり)でライブ配信される。