【WWE】戸澤陽 惜しくもクルーザー級王座挑戦ならず

2019年08月07日 16時24分

カリストにダイビングセントーンを放つ戸澤(C)2019 WWE,Inc.All Rights Reserved.

 WWEのクルーザー級番組「205 LIVE」が6日(日本時間7日)に放送され、元ドラゴンゲートの戸澤陽(34)は同級王座挑戦権を逃した。

 11日(同12日)の「サマースラム」(カナダ・トロント)での同級王者ドリュー・グラック(32)への挑戦権をかけ、「6パックチャレンジマッチ」と銘打たれた6WAY戦に出場。オニー・ローカン、アリーヤ・デバリ、トニー・ニース、ジャック・ギャラハー、カリストと対戦した。

 戸澤はいきなり場外のデバリにトペ・スイシーダを決めて先制するや、カリストにスーパーキックを放って躍動。さらにギャラハーに卍固めを決めると、得意のダイビングセントーンをカリストに炸裂させた。

 だが、最後はローカンがニースを沈めて勝利し、王者グラックと真夏の祭典で対戦することが決定した。