【WWE】SD女子王者ベイリー 怪女ニッキーを一蹴

2019年07月03日 12時51分

【テキサス州サンアントニオ2日(日本時間3日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会が開催され、SD女子王者ベイリー(30)は、謀略女王アレクサ・ブリス(27)配下の怪女ニッキー・クロス(30)をベイリー・トゥー・ベリー(ベリー・トゥ・ベリー・スープレックス)で一蹴した。

 謀略女王の小悪魔アレクサは日本公演(6月28、29日)で“ザ・マン”ことロウ女子王者ベッキー・リンチ(32)に2夜連続で挑戦失敗してかなり落ち込んでいるのか? この日のトークショー「ア・モーメント・オブ・ブリス」(アレクサの部屋)は欠席…。代わりに怪女ニッキーが進行役を務め、ゲストがベッキーというかなり予算を抑えた番組構成となった。

 しかし延々とアレクサを罵倒し続ける王者にニッキーが激怒。心酔しているアレクサの名誉回復のため、シングル戦に臨むも惜敗した。来週のゲストはもちろん未定だ。

 またビキニ女王マンディ・ローズ(27)は、エンバー・ムーン(30)のイクリプス(旋回式ダイビングスタナー)で敗退。SD女子王座の次期挑戦者候補争いも混とんとしてきた。

「エクストリーム・ルールズ」日本時間15日、WWEネットワークで生配信(日本語実況あり)される。