【WWE】アレクサがトリプルスレッド戦制しSD女子王座挑戦権ゲット

2019年06月05日 17時15分

カーメラ(左)にDDTを決めるアレクサ(C) 2019 WWE,Inc.All Rights Reserved.

【テキサス州ラレド4日(日本時間5日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会が開催され、23日のPPV大会「ストンピング・グラウンズ」(ワシントン州タコマ)でSD女子王座戦を行うことが決定した。

 この日はベイリー(29)が保持する同王座の挑戦権をかけて、女王様シャーロット・フレアー(33)、アレクサ・ブリス(27)、カーメラ(31)がトリプルスレッド戦で激突。3人は白熱の攻防を展開し、シャーロットがフィギュアエイト(ブリッジ式足4の字固め)でカーメラを捕らえるや、コーナートップからアレクサがツイストブリス(旋回式アタック)をシャーロットに炸裂させる。

 それぞれが大技を繰り出すも決定打にはならず、互角の戦いが続いた。すると試合途中にリングサイドに登場したマンディ・ローズ(27)とソーニャ・デビル(25)が、シャーロットにスーパーキックを放ったカーメラの足を引っ張って妨害。その隙にアレクサがDDTでカーメラを沈めて3カウントを奪取。ベイリーへの挑戦権を獲得した。

 王者ベイリーVSアレクサのSD女子王座戦が行われるPPV大会「ストンピング・グラウンズ」は、日本時間24日にWWEネットワーク(日本語版実況あり)でライブ配信される。