【WWE】KUSHIDAがNXTデビュー3連勝

2019年05月30日 13時59分

グラッグ(右)を一蹴してデビュー3連勝を決めたKUSHIDA(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 WWEのNXTが29日(日本時間30日)に放送され、元新日本プロレスのIWGPジュニアヘビー級王者のKUSHIDA(36)が、ドリュー・グラック(32)を撃破して、NXTデビュー3連勝を決めた。

 グラックは元CZW世界ヘビー級王者で、WWE入り後は「205 Live」で活躍した実力者。KUSHIDAは1日のデビュー戦でカシアス・オーノ(39)を撃破しており、絶好調のコンディションでこの日の3試合目に臨んだ。

 立ち上がりは、ブリッジの攻防を交えたクラシカルなグラウンドでの展開。KUSHIDAは落ち着いた様子で対処すると、逆十字や執拗なヘッドロックで相手のスタミナを奪いにかかった。4分過ぎには早くも卍固め、エプロン越しのキックを見せる。試合巧者のグラックの攻めに耐えた後は、驚異的な跳躍力で飛びつき式アームバーを決めてみせた。

 6分過ぎから試合が一気に立体的になると、KUSHIDAは必殺のホバーボードロック。これを回避されるや、突進してきたグラックにカウンターのシェルショック(変型顔面砕き)を決めてマットに叩きつけると、そのまま外道クラッチで3カウント。鮮やかな流れでデビューから3連勝を決めた。

 敗れたグラックは、フィニッシュが人の道から外れたものであると曲解したのか「お前は臆病者だ!」と激怒して挑発。バックステージのインタビューではKUSHIDAにサブミッション限定マッチでの再戦を要求。両雄の因縁の遺恨に火がついた格好だ。しかし3試合を終えてKUSHIDAのコンディションは上がる一方。まだまだ連勝街道は続きそうだ。