【WWE】ウーソズがSDタッグ王座奪還!悪の王者組を撃破

2019年05月20日 11時08分

女子MITBラダー戦に出場した8選手(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.
【コネティカット州ハートフォード19日(日本時間20日)発】WWEのPPV大会「マネー・イン・ザ・バンク(MITB)」が開催され、オープニングを飾ったスマックダウン(SD)タッグ選手権は、ウーソズ(ジミー&ジェイ)が悪の王者組ダニエル・ブライアン(37)、ローワン(37)組を撃破して王座を奪還した。
 開始早々は大型のローワンのパワーに苦戦したウーソズだが、最後はブライアンにダブルのサモアンスプラッシュを決めて圧殺した。
 US王座戦はレイ・ミステリオが、愛息ドミニク(22)の見守る前で王者サモア・ジョー(39)のパワーボムを鮮やかなウラカンラナで

【コネティカット州ハートフォード19日(日本時間20日)発】WWEのPPV大会「マネー・イン・ザ・バンク(MITB)」が開催され、オープニングを飾ったスマックダウン(SD)タッグ選手権は、ウーソズ(ジミー&ジェイ)が悪の王者組ダニエル・ブライアン(37)、ローワン(37)組を撃破して王座を奪還した。

 開始早々は大型のローワンのパワーに苦戦したウーソズだが、最後はブライアンにダブルのサモアンスプラッシュを決めて圧殺した。

 US王座戦はレイ・ミステリオが、愛息ドミニク(22)の見守る前で王者サモア・ジョー(39)のパワーボムを鮮やかなウラカンラナで返して、わずか98秒の速攻勝負で新王者となった。

 戦前からドミニクにどう喝行為を働くなど心理戦を仕掛けていたジョーだが、一瞬でベルトを失った。試合後はセントーンやコキーナクラッチで新王者を痛めつけるも後の祭りだった。

 シェーン・マクマホン・コミッショナー(49)とザ・ミズ(38)の遺恨決着金網戦は、開始から逃げの一手に出たシェーンをミズが追う展開に。SDタッグ王座陥落後のコンビ分裂、そしてシェーンがミズの父親ジョージ・ミザニン氏(60)がシェーンに暴行を加えたことで因縁は深まっていた。しかしミズが金網最上段まで逃げたシェーンをリング内に戻そうとするや、つかんでいたTシャツからシェーンがすっぽりと抜け落ちて転落。場外エスケープによりシェーンが不完全燃焼の勝利を手中した。

 女子MITBラダー戦は(ベイリー、エンバー・ムーン、カーメラ、ナタリア、デイナ・ブルック、ナオミ、マンディ・ローズ、アレクサ・ブリスの代役ニッキー・クロス)の8選手が入り乱れる大混戦となるも、庶民派の人気者ベイリーがラダーを駆け上がり「いつでもどこでも王座に挑戦できる権利証」が入ったブリーフケースをゲットした。

 WWEクルーザー級王座戦は「205 Live」のトニー・ニース(33)がアリーヤ・デバリ(30)を撃破して防衛に成功した。