【WWE】KUSHIDAがNXTデビュー2連勝!「技の全てが美しい」と元WWE女子王者も絶賛

2019年05月16日 12時30分

KUSHIDAはコナ・リーブス(下)をホバーボードロックで仕留めた(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 WWEのNXTが15日(日本時間16日)放送され、元新日本プロレスのIWGPジュニアヘビー級王者・KUSHIDA(36)がNXT2戦目を行い、コナ・リーブス(26)に完勝した。

 2週間前のNXTデビュー戦ではメインに登場し、ノアでクリス・ヒーローの名前で活躍したカシアス・オーノ(39)をホバーボードロックで一蹴。この日も193センチの大型ハワイアン、コナを立ち上がりからスピードで圧倒した。グラウンドでバック、右腕を取ると、スタンディングでもその場跳び式ウラカンラナを決める。

 さらにはスプリングボード式手刀からハイキック、ハンドスプリングニールキックを連射。最上段から場外へのトペを決めた後わずか5分2秒、必殺のホバーボードロックでタップを奪い、KUSHIDAがデビュー2連勝を飾った。

 この日から解説陣に加わった殿堂入りも果たしている元WWE女子王者のベス・フェニックス(38)は「この若さでオーラがある。技の全てが美しい」と絶賛した。

 試合後はステージ上から観戦していた元CZW世界王者のドリュー・グラッグ(32)に対し、矢を折るポーズでけん制した。

 KUSHIDAは16日からNXTの巡業に初めて同行。東海岸地区を転戦して、まずはNXT王座を目指す――。WWEでの新たな挑戦が始まった。