【WWE】紫雷イオがNXT女子王者シェイナ・ベイズラーに怒りの反撃

2019年05月09日 12時24分

紫雷イオ(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 WWEのNXTが8日(日本時間9日)放送され“天空の逸女”紫雷イオ(29)が、まさかの逆襲に出た。

 フロリダ州オーランドのパフォーマンスセンターでNXT女子王者のシェイナ・ベイズラー(38)が、MMA軍団フォー・フォース・ウィメン(マリナ・シェファー&ジェサミン・デューク)とトレーニング中、イオが約10メートル先から猛ダッシュでシェイナの背後から襲いかかる。イオはそのままマウントを奪うと、髪を振り乱して王者にパンチの連打を浴びせた。

 イオは2週前の放送でインタビュー中にMMA軍団に不法襲撃されており、怒りの反撃に出た格好だ。

 不意を突かれた格好のMMA軍団が制止に入るも、鬼の形相のイオはパンチを止めない。何とか男子選手数人が押さえつけ、イオを引き離したが、半狂乱のイオは遺恨深まる王者に「シェイナ! シェイナ! 覚えてろ!」と絶叫してセンター外へ連れ出された。番組ではわずか1分ほどの映像が流されただけだったが、異様な緊張感と殺気に満ちていた。

 天真らんまんで太陽のようなキャラクターのイオがここまで感情をむき出しにするのは、まれなこと。よほどベイズラー以下MMA軍団の度重なる暴挙に耐えかねたのだろう。こうなると、もはや決着戦は、乱入者なしのNXT女子王座戦以外は考えられない。

 NXTの次回ビッグマッチは6月1日(日本時間2日)の「テイクオーバー」(コネティカット州ブリッジポート)。ここで王座戦が実現するかは未定だが、盟友カイリ・セイン(30)がスマックダウンへ昇格して大活躍を続けている。NXTで孤軍奮闘を続けるイオが、一刻も早くタチの悪いMMA軍団との遺恨に終止符を打って王座奪還を果たし、メジャー昇格を目指してほしいところだ。

 また、先週放送でカシアス・オーノ(39)を撃破して、鮮やかなNXTデビュー戦を飾った元IWGPジュニアヘビー級王者のKUSHIDA(35)は、来週放送で2戦目(対戦相手未定)を行うことも発表された。