【WWE】ロリンズがレスナー悶絶させベルト取り猛アピール

2019年04月02日 17時33分

悶絶するブロック・レスナー(右)の前でベルト取りをアピールするセス・ロリンズ (C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

【ワシントンDC1日(日本時間2日)発】WWEのロウ大会が開催され、7日(同8日)の祭典「レッスルマニア35」(ニュージャージー州イーストラザフォード)で〝ビースト〟ブロック・レスナー(41)のWWEユニバーサル王座に挑戦するセス・ロリンズ(32)が、猛デモを敢行した。

 ビーストを伴って登場したレスナーの代理人ポール・ヘイマン(53)が「ロリンズから全てを奪ってやる! 昨年の祭典ではローマン・レインズの夢を奪った。今回はロリンズのキャリアを終わらせる」と挑発するや、話をさえぎるようにロリンズが登場。「確かにレスナーは大きくて賢いアスリートで、倒すのは難しいかもしれないが、不可能ではない。俺はお前を倒して王座を奪取する!」と言葉に力を込めた。

 これに不敵な笑みを浮かべたレスナーが帰り際、わざとロリンズにぶつかるや、ロリンズはローブローを食らわして、そのまま乱闘に発展。スープレックスを食らったロリンズだったが、2発目のローブローを炸裂させ、悶絶するレスナーにダメ押しのストンプ(後頭部への踏みつけ攻撃)。ユニバーサル王座のベルトを掲げ、王座取りをアピールした。