【WWE】「ハート・ファウンデーション」殿堂入り ブレットは2度目の栄誉

2019年03月26日 18時43分

殿堂入りが発表されたハート・ファウンデーション(ブレット・ハート=左、ジム・ナイドハート) (C)2019 WWE,Inc.All Rights Reserved.

【マサチューセッツ州ボストン25日(日本時間26日)発】WWEのロウ大会でハート・ファウンデーション(ブレット・ハート&ジム・ナイドハート)の2019年度WWE殿堂入りが発表された。

 今年はD—ジェネレーションX、ホンキー・ トンク・マン、トリー・ウィルソン、ハーレム・ヒート、スー・エイチスン(ウォリアー・アワード)に続いて6組目。ブレットは06年に単独で殿堂入りしており、今回が2度目となる。

 ナイドハートはブレットの義兄で、1985年にハート・ファウンデーションを結成。“南部のおしゃべり野郎”ジミー・ハートがマネジャーを務め、87年にはブリティッシュ・ブルドッグスを破ってWWF世界タッグ王座を獲得。90年のPPV「サマースラム」ではデモリッションを撃破して2度目の同王座獲得を果たした。

 殿堂入りセレモニー「WWEホール・オブ・フェーム2019」は、4月6日にニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターで行われ、日本時間4月7日にWEネットワークでライブ配信される。