【WWE】イオ&カイリ NXT女子王座取りに自信と決意

2019年03月21日 16時34分

イオ(左)とカイリ(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 米WWE・NXT大会が21日に配信され、“天空の逸女”紫雷イオ(28)と“海賊姫”カイリ・セイン(30=宝城カイリ)がNXT女子王座取りに向け意気込みを語った。

「NXTテイクオーバー・ニューヨーク」(4月5日、ブルックリン)ではシェイナ・ベイズラー(38)が保持する王座をかけ、シェイナ、イオ、カイリ、ビアンカ・ブレア(29)がフェイタル4WAY戦で激突する。この日はイオとカイリがインタビューで登場。「王座戦で2人の友情は大丈夫か?」との問いにイオは「私たちの友情は固い。試合はベストを尽くして勝つだけ」と自信を見せた。一方のカイリは「その通り。2人とも王座を狙っている。必要なら戦うわ」と盟友との対戦も辞さないことを宣言した。

 するとそこへ王座を争うビアンカも登場。「王者になるために、あなたたち2人を突破するわ」と発言し、帰り際に故意にカイリにぶつかって挑発。これに対してカイリが「なめんなよ!」と感情的になり、イオが「待て待て」と制止する場面もあった。

 また、この日のNXT大会にはCOOのトリプルHが登場して、負傷によるNXT王者トマソ・チャンパのタイトル返上と、空位となった同王座をかけてジョニー・ガルガノが「NXTテイクオーバー・ニューヨーク」で3本勝負に挑むことを発表。さらにこの王座戦の対戦相手を決定するためにリコシェ、アダム・コール、アレイスター・ブラック、ベルベティーン・ドリーム、マット・リドルによるフェイタル5WAY戦が行われ、アダム・王座挑戦権をつかんだ。

 なお「NXTテイクオーバー・ニューヨーク」は日本時間4月6日にWWEネットワークでライブ配信される。