【WWE】ロウ女子王者ロンダ・ラウジーが2夜連続で防衛

2019年02月19日 17時39分

ルビー・ライオット(上)を担ぐロンダ・ラウジー(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

【ルイジアナ州ラファイエット18日(日本時間19日)発】WWEのロウ大会が行われ、元UFC世界女子バンタム級王者のロウ女子王者ロンダ・ラウジー(32)が、2夜連続の防衛を果たした。

 前夜のPPV「エリミネーション・チェンバー」で、わずか1分39秒で下したルビー・ライオット(28)と再びベルトをかけて対戦。払い腰や背負い落としで攻め込むも、相手セコンドのリブ・モーガン&サラ・ローガンの介入もあり、苦戦を強いられた。

 しかし、これを辛うじてカウント2で返し、ここから反撃へ。コーナートップから3人へダイビングボディーアタックを炸裂させた。さらにルビーをターンバックルに叩きつけるや、そのまま華麗な飛び付き式のアームバーで一本勝ちした。

 祭典「レッスルマニア35」(4月7日、ニュージャージー州)ではシャーロット・フレアー(32)との対戦が決まっているが、前夜は出場停止処分中の“ザ・マン”ベッキー・リンチ(32)に襲撃を受けるなど、不透明な状況。まだまだ女子王座戦線の混乱は続きそうだ。

 なおPPV「レッスルマニア35」は日本時間4月8日にWWEネットワーク(日本語実況版あり)で生配信される。