【WWE】AJ錯乱 ビンス会長の顔面に反撃の右ストレート

2018年12月26日 15時18分

 WWEのスマックダウン(SD)大会「クリスマス・エディション」が25日(日本時間26日)放送され、AJスタイルズ(41)が錯乱状態に陥った。

 US戦直後に異変は起きた。バックステージでビンス・マクマホン会長(73)とバッタリ遭遇したAJは、緊張しつつ「会長、お疲れさまです。AJスタイルズです」と腰を低くして、悪の最高権力者をヨイショしようとした。するとビンス会長からは「誰だ、君は?」と意外な返答が…。焦ったAJは「元WWE王者で、フェノメナールですよ。スマックダウンは僕が建てた家なんですよ!」と説明する。

 しかしビンス会長は「君が元WWE王者だったとしたら、なぜ今日試合をしない? なぜニュー・ダニエル・ブライアンが幅を利かせているのに、黙っている? 私は数多くの選手を見てきた。私には分かる。君の中には凶暴な獣がいることを…」と突然に“洗脳行為”のような口調で語り出し、AJの頬に全力でビンタを食らわせた。

 一瞬、戸惑ったAJだが「ウアーッ」と奇声を発するやビンスの顔面に右ストレート。完全に正気を失ってしまった。慌てたスタッフが取り押さえて外へ強制連行したが、会長は怒るどころか床に倒れながら「フフフ…」と悪魔のような笑みを浮かべていた。果たしてビンス会長の狙いは――(来年に続く)。