【WWE】トリプルH対テイカーなど10・6メルボルン大会は好カード揃い

2018年09月19日 16時36分

【オクラホマ州タルサ18日(日本時間19日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会を終了した時点で、10月6日の「スーパー・ショーダウン」(オーストラリア・メルボルン)のカードが出揃った。

「最後の戦い」と銘打たれたトリプルH対ジ・アンダーテイカーの一戦には、ショーン・マイケルズとケインがそれぞれのセコンドに就く。また16日「ヘル・イン・ア・セル」の結果を受ける形で、AJスタイルズとサモア・ジョーのWWE王座戦、ダニエル・ブライアンとザ・ミズの次期WWE王座挑戦者決定戦が行われる。

 タイトル戦ではSDタッグ王者のザ・ニュー・デイ(ビッグE、コフィ・キングストン、エグゼビア・ウッズ)がセザーロ、シェイマス組の挑戦を受ける。WWEクルーザー級王者セドリック・アレクサンダーはバディ・マーフィーを迎え撃つ。

 女子では新SD女子王者ベッキー・リンチが、前王者シャーロット・フレアーと再戦。遺恨決着戦に臨む。アスカとナオミのカラフルな新コンビは、小娘集団アイコニックス(ビリー・ケイ&ペイトン・ロイス)と対戦する。ロウ女子王者ロンダ・ラウジーはベラ・ツインズとトリオを結成して、ネオパンク女子集団ライオット・スクワッド(ルビー・ライオット、リブ・モーガン、サラ・ローガン)と激突する。

 またWWEユニバーサル王者の“大型犬”ローマン・レインズはセス・ロリンズ、ディーン・アンブロスとの最強トリオ、ザ・シールドで出陣し、“巨獣”ブラウン・ストローマン、ドルフ・ジグラー、ドリュー・マッキンタイア組と対戦。セル戦でも決着がつかなかった遺恨の総決算に臨む。

「スーパー・ショーダウン」は日本時間10月6日、WWEネットワークでライブ放送される(日本語版実況付き)。