【WWE】怪人アンダーテイカーが最後通告「トリプルHのキャリアと魂を奪う」

2018年09月18日 11時09分

【テキサス州ダラス17日(日本時間18日)発】WWEロウ大会に“怪人”ジ・アンダーテイカーが登場。10月6日「スーパー・ショーダウン」(オーストラリア・メルボルン)で「最後の対決」を行うトリプルH(49)に再度、痛烈なメッセージを送り、弟の“赤い悪魔”ケインを帯同すると明言した。

 怪人はマイクを取ると「人間なら誰にでも錯覚はある。トリプルHは俺に『自分にリスペクト心を失った』と語っていたが、それこそが彼の大きな錯覚だ。どうせ、お前の横にはショーン・マイケルズ(HBK)が立つのだろう。ならば俺は弟のケインを連れて行く。そしてお前らのキャリアだけではなく、魂も奪ってやる」と通告した。

 祭典「レッスルマニア」で前人未踏の21連勝記録を誇る怪人は、2009年から12年までの4年間でHBK(09年、10年)とトリプルH(11年、12年)に連勝して、HBKのキャリアにピリオドを打った。最後の対決では祭典での圧勝劇を再現して、今度はトリプルHを完全リタイアに追い込むというのだ。

 HBKだけでなくケインまで巻き込んでしまった「最後の対決」。一気に大波乱の予感が漂ってきた。