【WWE】ヒデオ・イタミが「Live 205」で存在感

2018年09月12日 15時45分

存在感をアピールしたイタミ(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

【ルイジアナ州ラファイエット11日(日本時間12日)発】日本時間1日の「丸藤正道20周年記念試合」(東京・両国国技館)で、丸藤と激闘を展開したヒデオ・イタミ(37=KENTA)が「Live 205」で存在感を発揮した。

 欠場が続いていたライバルのムスタファ・アリ(32)が格下相手との復帰戦に臨むと「お前がいなくて寂しかったよ。体調良くなってるといいな。グッドラック」と挑発。

 アリはイタミを気にしながらもスーパーキックからトルネードDDTを決めると、最後は見せつけるように054(リバース450°スプラッシュ)で快勝。この勝利にイタミは笑いながら拍手を送り、再び遺恨を残した。