【WWE】アスカが約1か月半ぶりに登場 小娘集団蹴散らしナオミ救出

2018年09月05日 16時49分

ビリー・ケイにスライディングニーを叩き込むアスカ (C)2018WWE,Inc.AllRightsReserved.

【ミシガン州デトロイト4日(日本時間5日】WWEスマックダウン(SD)で、女帝アスカ(36=華名)が約1か月半ぶりに雄姿を披露した。

 盟友ナオミ(30)と小娘集団アイコニックスのペイトン・ロイス(25)がシングル戦で激突したが、実力差は歴然でナオミがあっさりと回転エビ固めで3カウントを奪った。相棒ビリー・ケイ(28)がキーキー声を上げながら乱入し、ロイスと2人でナオミをコーナーポストに叩きつけ、さらにはダブルのヒザ攻撃で沈めた。

 そこへアスカが颯爽と登場。ジャーマンスープレックスでロイスを投げ飛ばすと、ビリーもバックスピンキック、スライディングニーで蹴散らしてナオミを救った。

 アスカは7月24日のSD大会から姿を消しており「負傷説」も流れたが、この日の動きを見る限りコンディションは万全のようだ。

 女子だけのPPV大会「エボリューション」(10月28日、ニューヨーク)が目前に迫っており、アスカにはSDエースとしての期待がかかる。ロウ女子は新王者ロンダ・ラウジー(31)が誕生して話題を独占しているが、アスカの復帰でSD女子の巻き返しが始まりそうだ。

 また、WWE王者AJスタイルズ(41)と愛妻を巻き込んだ遺恨劇が続いている“サモアの怪人”サモア・ジョー(39)が、またしてもリング上からスタイルズ一家を侮辱。「ウェンディ、俺は君のためにやっているんだ。俺のおかげでパパが家に帰るようになっただろ。アニー、ヘル・イン・ア・セル(16日、テキサス州サンアントニオ)で悪いやつが王座を奪うから、パパはずっと家にいるぞ」と執拗にAJの愛妻と愛娘を挑発した。

 ここまでくるとジョーがウェンディに横恋慕しているのでは?という疑問も生じるが…。怒ったAJは「俺の家族を脅かしやがって。もうおしゃべりはおしまいだ」とリングに突進。フェノメナール・フォアアームをお見舞いすると、パイプいすでジョーを乱打。レフリー4人が制止するも、ヒートアップするAJはスワンダイブでジョーを追撃。ここで“女の中の女”ペイジGM(26)が「ストーップ!」と乱闘を収束させた。

 両雄のWWE王座戦リマッチが行われるPPV「ヘル・イン・ア・セル」は、日本時間17日にWWEネットワーク(日本語実況版あり)で生配信される。