【WWE】シールド劣勢続く GMの策略で巨獣軍相手にまたも揃ってKO

2018年09月04日 18時03分

ストローマン(中央奥)らにKOされたレインズ(手前中央)らザ・シールド(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

【オハイオ州コロンバス3日(日本時間4日)発】WWE・ロウ大会で、最強トリオ「ザ・シールド」(ローマン・レインズ、セス・ロリンズ、ディーン・アンブロス)が、またも巨獣軍にKОされた。

 ユニバーサル王者レインズはPPV「ヘル・イン・ア・セル」で“巨獣”ブラウン・ストローマン(34)の挑戦を受けるが、巨獣はドルフ・ジグラー&ドリュー・マッキンタイアと結託して対決姿勢を強めている。この日もシールドと巨獣軍の3人が大乱闘。バロン・コービンGMの策略もあって、シールドは警察に拘束されてしまう。

 何とか保釈金を支払ってメイン戦後に再登場したが、GMの指令を受けたスーパースターたちの襲撃に遭い、最強トリオは先週大会に続き揃ってノックダウン。レインズは巨獣の勢いに押されたままで王座戦に臨むことになりそうだ。

 なお、PPV「ヘル・イン・ア・セル」は日本時間17日にWWEネットワーク(日本語実況版あり)で生配信される。