【WWE】昨年末に右腕負傷で欠場中の元王者アンブロス電撃復帰

2018年08月15日 16時30分

ロリンズ(左)のセコンドにアンブロスが就く(C)2018WWE,Inc.AllRightsReserved.

【ノースカロライナ州グリーンズボロ13日(日本時間14日)発】WWEのロウ大会が行われ、元WWE王者でザ・シールドのディーン・アンブロス(32)が電撃復帰した。昨年12月に右腕を負傷してから欠場を続けていたが、真夏の祭典「サマースラム(SS)」(19日、ブルックリン)でインターコンチネンタル王座奪回に挑む盟友セス・ロリンズのセコンドに就くことが決定。短髪にしてイメチェンした“狂犬”はIC王者ドルフ・ジグラーとセコンドのドリュー・マッキンタイアを蹴散らし、復活をアピールした。

 なお、PPV「サマースラム」は日本時間8月20日にWWEネットワーク(日本語実況版あり)で生配信される。